四ツ倉典滋 norishige yotsukura

 

出身地:愛知県春日井市
職名・役職名:北海道大学准教授・北海道大学忍路臨海実験所長
所属:北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 
教育担当:北海道大学理学部生物科学科(生物学)、北海道大学大学院環境科学院生物圏科学専攻
最終学歴:北海道大学大学院水産学研究科博士後期課程修了(1997.03)
学位:博士(水産学)
在外研究歴:University of New Brunswick (Canada) (2007.09-2008.02)
専門:海産植物学、大型海藻-特にコンブ類-の多様性研究・保全研究・育種研究
連絡先(e-mailアドレス):yotsukur[at]fsc.hokudai.ac.jp

メッセージ:北海道の沿岸には、他の地域では見ることのできない多様なコンブが生育しています。これらのコンブは日本の伝統食文化を支えるだけではなく、各地で“コンブの森”を形成し海洋生態系も支えています。海洋環境が刻々と変化するなかで、この“海中の森”のことをよく理解し、守り、育てることは北海道に暮らす私たちの大切な役目だと思います。

 

最近の主な業績

- 学術論文 -
 ・A taxonomic re-examination of Saccharina longipedalis (Laminariales, Phaeophyceae), an endemic kelp species around Lake Akkeshi in eastern Hokkaido, Japan. Norishige Yotsukura, Nobu Nagai, Tadashi Kawai. 2016. Botanica Marina, 59: 205-210.
・Genetic differences among varieties of Saccharina japonica in northern Japan as determined by AFLP and SSR analyses. Norishige Yotsukura, Takashi Maeda, Tsuyoshi Abe, Masahiro Nakaoka, Tadashi Kawai. 2016. Journal of Applied Phycology, 28: 3043-3055.

・Catch and cultivation of Saccharina japonica in Northern Hokkaido, Japan, and southern Sakhalin and Primorye, Russia: A review. Tadashi Kawai, Dmitrii Galanin, Tatiana N Krupnova, Norishige Yotsukura. 2016. Algal Resources, 8: 155-163.

・Novel implications on the genetic structure of representative populations of Saccharina japonica (Phaeophyceae) in the northwest Pacific as revealed by highly polymorphic microsatellite markers. Tifeng Shan, Norishige Yotsukura, Shaojun Pang. 2017. Journal of Applied Phycology, 29: 631-638.

Effect of domestication on the genetic diversity and structure of Saccharina japonica populations in China. Jie Zhang, Qiuying Li, Jianting Yao, Fuli Liu, Xiuliang Wang, Norishige Yotsukura, Tatiana N Krupnova, Delin Duan. 2017. Scientific Reports 7, Article number: 42158. DOI: 10.1038/srep42158.

・Morphological, molecular, and chromosomal identification of dwarf haploid parthenosporoohytes of Tauya basicrassa (Phaeophyceae, Laminariales) from the sea of Okhotsk. Tatyana A Klochkova, Nina G Klochkova, Norishige Yotsukura, Gwang Hoon Kim. 2017. Algae, 32: 15-28.

・Identification of ecklonian kelps, which have sililarity to Ecklonia stolonifera Okamura (Laminariales, Phaeophyta), in Nishinoshima coast of Oki Islands, Shimane Prefecture, Japan. Yuichi Hayashi, Masahiro Notoya, Norishige Yotsukura. 2017. Algal Resources, 10: 1-16.

・Vertification of echosounder measurements of thickness and spatial distribution of kelp forests. Huamei Shao, Kenji Minami, Hokuto Shirakawa, Takashi Maeda, Toshiaki Ohmura, Yoshikazu Fujikawa, Norishige Yotsukura, Masahiro Nakaoka, Kazushi Miyashita. 2017. Journal of Marine Science and Technology, 25: 343-351.

- 著書 -
・コンブの森が危ない, 北海道はコンブの標本箱. 四ツ倉典滋. 2015. 北海道つながる海と川の生き物 (川井唯史, 四ツ倉典滋 編著) , pp.64-76, 北海道新聞社.
・水産植物. 種類. 四ツ倉典滋. 2016.水産海洋ハンドブック 第3版, pp.65-69. 生物研究社.

- 監修 -
・コンブってどんな生き物?. 四ツ倉典滋. 2015.faura, 50号(特集 コンブの科学), 18-21. ナチュラリー.

 

最近の主な外部研究費(代表分)
・科学研究費補助金基盤研究(C)「タンパク質プロファイリングによるコンブの環境ストレスマーカーの検索」(平成22年度-平成24年度)
・科学研究費補助金基盤研究(B)「環境変化に適応可能なコンブ株の作出とバイオフレーバーを活用した種苗育成方法の開発」(平成25年度-平成27年度)
・科学研究費補助金基盤研究(B)「北太平洋西部沿岸におけるコンブ類の種多様性とその由来の解明」(平成25年度-平成28年度)

・科学研究費補助金基盤研究(C)「コンブの効率的早期種苗生産に向けた養殖株と保存株を用いた葉体成熟制御技術の確立」(平成30年度-平成32年度)